• 2011
  • 05
  • 29

途中線画

これだけで3日かかってます。

途中

その時、やよいが見たものは。

描いてみて分かりました。
春香さんに腕組みは似合わないっ。

春香

うーん。
描き方が悪いのかな・・・。

 

いつものことですが、絵柄が安定しませんねぇ。
どうしたら同じ感じで描けるようになるのでしょう。
頭身もバラバラなのですが、それ以上に、顔が常に変わります。目とか特に。
同じ春香さんでもキャラが違う雰囲気に・・・。
可愛く描きたいのにっ・・・!

去年描いてたものを発見。
途中までしてた清書の続きと色塗りをしてみました。

千早

よく考えたら、およそ半年前の線画なのですね。
もっとザクザク描けるようになりたい。

真美

真美と春香さんが並んだ時、何故か真美の方が高いように見えてしまいます。
公式では158cmとなっていて、2人とも変わらないはずなんですが・・・

ちまちまプレイしている中、アイマス2に関して色々思うところはあるのですが・・・
それより前に。
リベンジしました。
そう。あの初回1週目のプレイで見事にユニットをバッドエンドにしてしまった時から。
「絶対、次は絶対に全制覇して大賞をプレゼントするから、それまで待っててくれ春香・・・!」
と、心に決めたあの日から。
具体的には、プロデューサーランクをできる限り上げてから、春香を迎えに行こうと。
次こそは失敗しなくて済むようにと。
(ちなみに初回の感想→リンク)
と同時に、2週目にプレイした千早もグッド(?)エンド止まりで、トゥルーまで行けてなかったのでそちらのリベンジも。
というわけでまずその結果から。

 

千早をリーダーにしたユニット。

アイマス2-01

この時点でスコアとしては過去最高をマーク。
そして初めて「3人が3人とも慕ってくれてる」状態に。
昇格して「真アイドルマスター」にランクアップ。

 

そして!
満を持して!
ようやっと、春香さんをユニットのリーダーにして!

アイマス2-02

オールS、各部門+大賞制覇!!
トゥルーエンドまで行けたー!!
いや、千早のももちろん見てるんですが!
春香あぁぁぁぁぁ!!
待たせてごめん!そしてありがとう!
可愛いよ!可愛過ぎなんだよちくしょうっ!
そしてゲーム内の自分よ、何故「好き」と素直に言わん!?
【す・・・・・】じゃねえっ!
好きだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!春香ーーーーー!!
さて・・・。

 

まだプロデュースできてない子もいるので、実績全解除はもうチョイ先になりそうですが、今の所までのメモ。
<<ゲームシステムに関して>>
・やっぱり売り上げの伸ばし方がイマイチ不明。スコアが重要そうなのはなんとなく理解。
・ブレーク、リバイバルの条件が謎。説明書通りにオデ受けまくってリバイバル狙っても、駄目なままプロデュースが終了したりする。 逆に、フェスとかやってないのにスーパーブレークで突然1位になることがあったり。
・記者とお守り効果が何気に強力。
・全チェインに失敗するとスコアが期待できない。
・朝の挨拶について、ランダム要素が減って良かったと思っていたものの、3人が喜ぶ、1人だけ喜ぶ、2人が「ですよねー」とか言う状態がバラつく時点で、ランダム要素はあるのね・・・と。正解っぽいのを選びたくても選べない時があるというか、そもそも選択肢が・・・。
・夜の会話、特にじゃんけんは危険。
・オフコミュの発生条件が分からない。リーダーじゃない子の方が出る確率が高かったり、ユニットによってはほとんど無かったり。
・写メ付きのメールが来る条件も不明。完全なランダムっぽい?
・ユニットステータスそれぞれの状況によるアイドル達の反応について。
もう、そういうもの、そういうゲームになってるから、と思い込むことにしたので、なんとか・・・うん。
「まさか、この子がこんなこと言うとか・・・ありえんだろ」と違和感しか感じなかったものの、割り切ってプレイするようになり、若干慣れた気がする。若干。うん。
これは朝の挨拶も同様。
でもやっぱり・・・どうなんだろうか・・・。
・資金営業について、ユニットが一巡して2週目になると、選択肢なく無条件パーフェクトコミュニケーションになり、ゲーム的には楽になるものの、なんだかコミュ的にちょっとガッカリ。しょうがない・・・と思いつつ。
・お守り買いに行くのは、事前に選択させてもらえれば嬉しい。
・どっとっぷTV内で、ライバル曲の順位でいちいち強制停止になるのがなんとかなればなー・・・。Aボタンでちょこちょこスキップできるけども。


<<ストーリーに関して>>
・春香さん可愛い。
・千早も可愛い。
・当然美希も可愛い、真も可愛い、真美も響も貴音もやよいも雪歩も小鳥さんも・・・。
・りっちゃん、竜宮小町のやりとりに2828。可愛い。楽しい。
・結局みんなすっごい可愛い。
・・・あれ?
ストーリーは・・・まあ・・・。
アイマスらしい、といえばアイマスらしい感じでした。
無印のコミュだって割りと無茶苦茶なのもありましたし、それこそアイドラとかドラマCDとかになってくると、さらなるトンデモ話があったりするわけですし。
一本通ったストーリーを追っていくというのが押し出されていて、ユニットメインとか、色々方向の違いがあるので単純に比べることもできないと思いますが・・・。
コミュが少なくなったのが何より・・・アレだなあ、と・・・。
まっさらな状態で初めてこのゲームをやるという人にとっては、大して気にならないのかもしれませんが、やっぱり少々寂しい気がします。
もちろん、ユニット内でキャラ同士の掛け合いやリアクションが見れて楽しいという、良い面もあるのですが。というかほんとそれだけは良かったですね。
いや、ストーリーイベントと営業もろもろを合わせると、それなりの時間になるのでは・・・?
・・・ならないか・・・。
・・・やっぱり短い。コミュのバリエーションが比にならないほど減ってるのは事実ですからね。
ユニットの活動期限をどう処理するのか、というのがちょこっとだけ自然になってたのは良かったです。
AランクSランクで成果を出してるのにもかかわらず(1年で芽が出ないと駄目という社長持論は?)いきなりお別れコンサートやるよりは、事前に切り出しておく、告げておく、それをストーリーに絡めての留学の方が納得できる・・・かな・・・?
強制負けイベントはしょうがないと納得しています。それは、竜宮小町戦だけでなく、小町vs冬馬も同じです。
そういうストーリーだから、今回はそういうゲームだから、と。なんとなくSPを思い出しますが。
SPといえば、961時代の響に冬馬が似てますね。
別にだからといって、実はイイ奴的なイベントが見たいわけでもないんですけど。(各キャラ共通のEDイベントで、とか)
ジュピターは・・・思ってた以上にユニットとしてはそんなに絡んで来なくて、むしろ単体でちょこちょこ出て来るぐらい。
割とどうでもいいというか、気にはならなくなったんですけど・・・真のイベントで・・・。
長身の金髪君が真に絡んでくるのがなんとなくイラッ☆ときたので、やっぱり連中がアイマス2に出る必要があったのかと。
出るなら出るで、逆にもっと深く掘り下げるようなイベントがあってくれてもよかったかな、とも思います。矛盾しているように感じるかもしれませんが。
憎まれ役でも、あんまり出番が少なすぎるのもどうかと・・・。
それ以上にりっちゃんと竜宮小町の出番が増えてくれればなあ・・・。考えてもしょうがないんですけど・・・。


<<キャラに関して>>
先述しているようにまだ全員のプロデュースが終わってないのでなんとも言えませんが、特に思ったのは「無印は無印、SPはSP、2は2だな」ということです。
タイトルによってちょっとずつ違う。
こういう子だったっけ・・・?という違和感をちょいちょい感じるシーンがあり、それもしょうがないのかな・・・と。
無印と2ではスタート地点も違いますし。
キャラクターの背景や考え方が若干異なるので、違和感を感じてしまうのかもしれません。
MA2のトークでもそれは少し出てきてたので、覚悟はしてましたが。
春香さんが後ろ向きに悩みまくって涙ぐみ過ぎだったり、腹筋自慢で自己管理が徹底している千早の体調にまつわる根本的な設定変更だったり、美希の漠然としていた恋愛脳の唐突で極端な進化とか、一つ一つ上げればかなり出てくる気がするような・・・。
ただ、変わらないものもあります。
何一つブレることの無いものが。
それは。
みんな可愛いということっ!!

結局そこなのです!どのみち可愛いから、なんとなく何でも許しちゃう(?)
まずい・・・これがバンナムの罠か・・・。


<<ここまでのまとめ>>
2になって良かったところは、響、貴音がプロデュースできるようになったこと。アイドル同士の掛け合いが見られること。グラフィックの進化が素晴らしいこ と。モーションも素晴らしいこと。ランダム要素が薄まったこと。ゲームのテンポが部分的に改善されてたこと。インターフェースが自分好み。アイテム集めでショップの導入は嬉しかった。その他ちょこちょこありますが・・・
なにより、春香さんのトゥルーエンド。
本当に良かった。未来ある終わり方で。可能性はある!な感じで終わって。過程はともかく。
無印春香さんのドーム成功エンドを思い出して比べると、社長を恨まないと気が済まないレベルにかなりの差が出てていますね。
最後の最後に来るメールも正反対な勢いですし。
あのラストでは、春香さんは本当に「アイドルマスターの世界の中のアイドル」の在るべき姿というか、ヒロイン像みたいのなのを背負ってるんだなあと思わざるを得ない終わり方でしたが。
メインヒロインだからという理由で飲み込める反面、でも辛いよなあと、せっかくだから成就させたい、したいのにと複雑になるものでもあったため、可能性が 見えなくもない、かと言ってはっきりと断定されてるわけでもない、複雑なままだけど明るい笑顔は見ることができた、アイドルマスター2での終わり方は綺麗 で良かったです。
春香さんには笑顔でいてほしいですから。


他にも色々書きたいことはありますが、いい加減長くなってきたので、今日はこの辺りで。
また、全員が終わったら、ストーリーのネタバレしまくりで色々書くかもですね。
今でも相当ネタバレ書いてる気もしますが・・・そんなに確信には触れてない・・・はず。なので。

  • <次
  • 1
  • 前>